トップページ > ご利用規約

ご利用規約

この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,エジソンハードウェア株式会社(以下,「ユーザー」といいます。)がこのウェブサイト上で公開する著作物『多言語放送用語コンテンツ』の一部情報開示について、機密情報の保護を目的とするものです。

利用者(以下,「ユーザー」といいます。)は,利用に当たっては本規約に同意しているものとみなし、本規約に従って,ご利用いただきます。

第1条  (目的)
この契約は、当社が権利を有する著作物『多言語放送用語コンテンツ』の一部情報開示について、機密情報を保護することを目的とします。
第2条  (機密情報)
本契約において、「機密情報」とは、以下の情報をいいます。
1.多言語放送コンテンツのメッセージ内容
第3条  (適用除外)
前条の規定にかかわらず、次の情報は機密情報から除外します。
1.当社が機密情報の開示を認めたもの(事前配布書類、会話)
2.機密情報の開示を受けた時、既に公知であったもの
3.機密情報の開示を受けた後、受領者の責に帰すべき事由によらず公知となったもの
第4条  (機密保持、制限行為)
1 ユーザーは、機密情報について、厳重に秘密を保持するものとし、事前に当社の書面による承諾を得ることなく第三者に開示し又は漏洩しないものとします。 
2 ユーザーは、当社の承諾なしに、この提供された機密情報をもとに先行して、機密情報を利用した、類似製品の開発、試作、製造、販売、特許申請を、自らもしくは第三者に委託して行ってはいけません。
3 ユーザーが第1項及び前項に違反する行為を行なった場合、当社は、ユーザーに対して、当該行為の差止め及びこれによって被った損害(逸失利益を含むがこれに限られない)の賠償を請求することができます。
第5条  (返還)
ユーザーは、当社から返還要求があった場合は、書類その他の媒体により提供を受けた機密情報(複写物,複製物を含む)を、速やかに当社に返還するものとします。
第6条 (権利の不許諾)
本契約当事者は、本契約に基づく開示情報を、当社に対するユーザーの特許、実用新案、ノウハウその他の知的財産権の譲渡または実施権の許諾をともなうものではないことを確認します。
第7条 (無保証)
当社は開示情報を現状有姿でユーザーに開示するものとし、開示内容についての真実性、正確性、有用性について何ら保証するものではありません。
第8条 (相互非拘束)
本契約当事者は、本契約の締結により、相互に何らの事業を実施する義務を負うものではないことを確認します。
第9条 (権利義務の譲渡)
本契約当事者は、他の当事者の事前の書面による承諾を得ることなく、本契約にもとづく地位ならびに
一切の権利義務をいかなる第三者に対しても譲渡してはなりません。
第10条 (協議)
本契約に定めのない事項及び疑義を生じた事項については、本契約当事者協議の上解決するものとします。
第11条 (管轄裁判所)
本契約に関連する一切の紛争については、札幌地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。